トップページ > 緑内障の自覚症状に関して

緑内障の自覚症状に関して

緑内障というのは40歳以降から発症する方が多く、日本人だけでも、現時点で220万人いるとされています。ただ、この患者数は正しい数字ではなく、実は患っているのに自覚症状が乏しい病気なのでまだ気付いていないという方も非常に多くいらっしゃいます。

 

だからこそ緑内障というのは早期発見が非常に重要な疾患となっていますが、若い頃に発見が出来るということもかなり難しい病気になります。⇒緑内障サプリはルテインだ!

 

ちなみに早めに発見できた人もコンタクトを作ったりするという理由で眼科に行ったら緑内障だったということなどのケースが多く、自発的に定期健診を受けて発見するということは少ないです。偶然見つかったということが多いですが、そうであればかなり幸運でしょう。自覚症状がほとんどないといわれる緑内障ですが、具体的な自覚症状はどういったものがあるのか説明します。

 

具体的な自覚症状に関してですが、一番多いのが視野が欠けるというものです。視野が欠けるとすぐに気付くのではないかと思われていますが、両目で見ていることで気付かないことが多いです。自覚症状が出るときにはかなり欠けている状態になります。

 

また、この症状がメインになりますが、それ以外にも目が痛い、充血、頭痛、吐き気など激しい症状に襲われます。これらの症状は特に急性緑内障であることが多いので、もし不安を感じた場合はすぐに眼科で検査をしてみてください。

 

とにかく緑内障は早期発見が進行を止める鍵になりますので、しっかりと定期的に検査をうけることをオススメします。