トップページ > 大腸がんの予防にビフィズス菌

大腸がんの予防にビフィズス菌

50年前の日本と比較してみると、大腸がんなどといった腸に関係した病気を発症してしまう人がかなり増えてきているといわれています。がん統計白書を読んでみると、50年前と比べると、大腸がんを発症する人が、10倍も高くなっているといわれているほどです。

 

どうして、この50年間でここまで大腸がんを発症する人が増えてしまったのかというと、食文化が変化をして、欧米食を普段から食べる人が増えてしまったことが原因だと考えられています。食文化が変わったことによって、脂肪が多いものを食べるようになったり、カロリーが高いものを食べることが増えたことによって、腸に負荷をかけてしまい、大腸がんを発症するリスクを高める結果になってしまったのだそうです。

 

肉や高カロリーの食べ物を食べるようにすると、それだけ悪玉菌が増えてしまい、腸内環境も悪くなってしみます。特に、普段から肉ばかりを食べてしまっていると、消化されていない肉が悪玉菌によって腐敗をしてしまい、毒素や有毒ガスを発生してしまいます。これが原因になり、大腸がんなどのような重篤な病気を発症しやすくなってしまっているのです。

 

肉を腐敗させる悪玉菌のことを腐敗菌というのですが、食事などに含まれているコレステロールを変化させて、発がん性物質にしてしまっていることも、大腸がんを発症させる原因だと缶がられています。

 

以前の日本人というのは、魚や野菜などを食べる食文化になっていましたから、今のようにガンを発症する人はそこまで多くありませんでした。

 

中でも、大腸に関係した病気を発症してしまう人というのは、今と比べると相当少なかったのです。現在、世界の中でも和食というのは、非常にバランスの取れた食事ということで、欧米の人たちから注目されるようになって来ています。

 

大腸がんなどの危険な病気のリスクを少しでも減らしたいのであれば、バランスの取れた和食もしっかり食べるようにしたり、腸内環境を少しでも改善させることが出来るようにするために、ビフィズス菌サプリなども活用するようにしたほうがいいのです。