トップページ > 免疫力アップにビフィズス菌

免疫力アップにビフィズス菌

ビフィズス菌が持っている作用の一つとして、免疫力をアップさせる作用もあります。

 

生物というのは、基本的に免疫機能を持っています。体の外からウィルスや細菌、異物が入り込んだときに、体を守るために排除をするという機能となっています。

 

また、体の中の異常な細胞などを撃退する働きも持っています。この免疫機能を持っている細胞として色々なものがあります。例えば、T細胞やナチュラルキラー細胞なども、免疫細胞として分類されています。

 

この免疫細胞というのは、長い間色々な研究機関が研究をしていますし、研究によって色々なデータが出ています。

 

研究が行われたことによって、腸内に存在しているビフィズス菌は免疫力をアップさせてくれるということが分かったのです。ですので、病気になりにくい体にしていきたいと考えているのであれば、積極的にビフィズス菌をビフィズス菌サプリなどから摂取するようにしたいところです。

 

まだ、ビフィズス菌のすべてのことが分かっているわけではありません。例えば、どうしてビフィズス菌などのような善玉菌が免疫力をアップさせてくれているのかもまだはっきりと解明されているわけではありません。

 

しかし、分かっている範囲で言えば、風邪やインフルエンザウイルスに対して、免疫細胞の一つであるナチュラルキラー細胞が攻撃をするのですが、善玉菌が増えることによって、このナチュラルキラー細胞の働きが活発になったということが分かっています。

 

このようにビフィズス菌などのような善玉菌を腸内で優位にすることによって、風邪などのようなウイルス性の病気の予防をしやすくすることができるようになるということです。ビフィズス菌が免疫力を高めてくれるということは臨床試験でも明らかになっていますので、積極的に摂取するようにしたほうがいいでしょう。

 

ビフィズス菌は、予防ワクチンとは違って、人間の体の中に元々存在しているものなのですから、それだけ安全性も高いですから、安心して摂取することが出来ます。

 

ただし、ビフィズス菌サプリというのは、即効性があるというものではありません。ですので、長期的にビフィズス菌サプリなどを摂取するようにしなくてはならないことは忘れてはいけません。