ビフィズス菌を摂るならサプリがおすすめ!

 

整腸から様々な効果をもたらすビフィズス菌!

 

ビフィズス菌サプリを服用することによって、色々な効果が期待できるのですが、その一つとして整腸作用が挙げられます。どのようにして、ビフィズス菌サプリが整腸作用をもたらしてくれるのでしょうか?

 

腸の中に元々ビフィズス菌は存在しています。ビフィズス菌は、酢酸と乳酸を作り出し、腸を正常に機能させたり、ぜん動運動をするための環境を作り出しています。

 

腸の中には悪玉菌といわれる細菌もあるのですが、こちらはアンモニアなどのような毒素を生成していますが、反対にビフィズス菌は健康維持に必要なものだけを生成しています。

 

腸のぜん動運動というのは、腸の環境を弱酸性にしなくては、正常に機能させることが出来ません。ですが、腸内環境が乱れてしまっていて、悪玉菌のほうが優勢になってしまうと、アルカリ性になってしまうのです。

 

ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り出しているわけですので、腸内環境を弱酸性にしやすくするため、下痢や便秘などの症状を改善しやすくすることするだけではなく、毒素なども排出させることが出来るようになります。

 

ですが、ストレスや睡眠不足が慢性的に続いてしまっていると、だんだんビフィズス菌が減ってしまいます。
そのため、疲れがたまっていたり、ストレスが蓄積されていると、下痢や便秘の症状になってしまうという人も結構います。

 

例えば、ストレスで緊張をしてしまうことによって、すぐにおなかの調子が悪くなってしまったりするという人もいるのですが、これも腸内環境が悪くなってしまったことが原因です。

 

このビフィズス菌の数が減少してしまうと、すぐに腸にその兆候が現れてしまいます。ビフィズス菌が減少してしまってから、正常なビフィズス菌の数に戻すというのはとても難しいものです。ですので、ビフィズス菌の数が減る前から、日常的にビフィズス菌を外部から取り込むようにしたほうがいいのです。

 

しかし、自分でビフィズス菌の数が減ってきているかどうかというのは分かりにくいものですよね?しかし、便の状態を見ることによって、ある程度ビフィズス菌の数を把握することは出来ます。

美肌に欠かせないビタミンCの話

 

野菜や果物には、多くのビタミンCが含まれています。自然界に存在しているビタミンCであるこから、天然ビタミンCと呼ばれています。

 

どのような野菜や果物に含まれているのかというと、キウイや赤ピーマン、黄ピーマン、レモン、パセリ、ユズの皮、芽キャベツ、アセロラなどです。もちろん、この他にも、ビタミンCがたくさん含まれている野菜などは多く存在しています。

 

一つ一つには、そこまでビタミンCが含まれていないとしても、豆などであればそれなりの量を食べることができますから、それだけ多くのビタミンCを摂取することが可能になります。ただ、ビタミンCは過熱をすると破壊されてしまうって話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

ビタミンCのみだと加熱をすると壊れてしまうのですが、野菜には色々な成分が含まれていて、これらの成分によって守られています。ですから、過熱をしても壊れにくいという特性を持っており、実際に加熱をしてもビタミンCが多く残っていることが実験で明らかになっています。

 

ただ、ビタミンCというのは、水溶性ビタミンですので、水に漬けておくとビタミンCが解けてしまいます。ですので、お湯で野菜を茹でたりすると、茹で汁の中にビタミンCが解けて混ざってしまうのです。効率よくビタミンCを摂取したいのでしたら、ビタミンCが配合されているサプリメントを摂取するのが望ましいでしょう。参考:美肌サプリランキング最新版※口コミで人気はどれ?

 

天然ビタミンCが配合されているサプリメントとは、アセロラやブルーベリーの様な自然界にある果物などを原料にしています。ですから、安全性が高いですし、ビタミンCの品質も高くなっています。

 

また、天然のビタミンCが配合されているサプリメントというのは、ビタミンCだけが配合されているのではなく、ビタミンCの補助をしてくれる栄養素も含まれていることが多いです。そのため、相乗効果でビタミンCの効果を高めやすくなるだけではなく、吸収率を高めることも可能になっています。

 

ビタミンCの効果を少しでも高めたいのでしたら、食物繊維やアントシアニン、フラボノイドなども配合されているサプリメントを選ぶようにしましょう。

水素サプリの副作用、デメリットあるの?

体に良いと言われて最近注目を浴びている水素サプリですが、副作用やデメリットも気になる所です。

 

水素サプリの含まれている水素そのものは、無味無臭の物質で人体には無害です。食品添加物としても厚生労働省に認められており、認可後も継続的に検査が行われています。水素は老化やガン、糖尿病、脳梗塞などの病気を引き起こす原因となる活性酸素と結びついて、除去する働き(抗酸化力)を持っています。

 

水素サプリの抗酸化力で優れているのは、悪玉活性酸素のヒドロキシルラジカルとペルオキシナイトライトだけを除去する事です。抗酸化力の高い物質としてポリフェノールやビタミンC・Eもよく挙げられますが、悪玉・善玉問わず除去してしまう場合があり、ここが水素サプリとの違いになります。

 

体内に取り込まれた水素は悪玉活性酸素と反応して水に変化します。水素サプリを多量に摂取したとしても、反応しなかった水素は体外へ排出されるだけです。

 

水素は厚生労働省に食品添加物として認可されているように、基本的には副作用はありませんが、まれにお腹が緩くなる方がいるようです。ですがこれに関しては体内の活性酸素を排出するための効果であるとか、

 

便通を良くする効果のあるサルフェートが含まれている水素サプリを飲んだからだというような、多くの見解があり必ずしも水素サプリだけの問題とは言い切れないところがあります。以上のような反応が現れても特に問題視する事はありませんが、長期間続くようであれば別なことが原因とも考えられますから、水素サプリの摂取を中止して医師に受診してみましょう。

 

このようにメリットが大きく宣伝されて、そのことの方が記憶に残る水素サプリですが、デメリットもよく理解したうえで、水素サプリはどのような物なのかも知識として身につけ、自分に合った1番良い水素サプリを選んで飲むようにしましょう。

更新履歴